フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 23-07-2019
japan

最新ニュース

モンゴル相撲協会は創設から25周年を迎えた


Odgerel 2019-01-17 03:01

モンゴル相撲協会は創設から25周年を迎えた

昨年の12月にモンゴル相撲協会は創設から25周年を迎えた。会長を務めるのは、史上初のモンゴル出身力士、元小結旭鷲山のバトバヤルさんである。旭鷲山など6人のモンゴル出身の少年が初土俵を踏んだのは、1992年の春場所であった。2019年の初場所時点でモンゴル出身の力士は24人いる。そのうち、幕内力士は横綱白鵬ダワージャルガル、鶴竜アナンドらの6人が在籍している。「彼らが日本で成功を収め、元旭鷲山バトバヤルや元日馬富士ビャンバドルジのように実業家として活躍している。そんなモンゴル相撲協会が、相撲に続き日本に発信したい文化として音楽を挙げている。モンゴル人歌手のソロンゴさんは、1人で2種類の音を発声する「ホーミー」というモンゴル独特の歌唱方法を扱っている。ソロンゴさんは12歳だった1993年に東京で開催された「世界こども音楽祭」にモンゴル代表として出場し、グランプリ賞を獲得した。NHK「みんなのうた」に出演した経験もある。1997年には当時幕内だった元旭鷲山と応援歌「旭鷲山に捧げる歌」を共同製作した。

再生回数: 135

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна