フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 22-10-2020
japanese

最新ニュース

軽犯罪者にGPS付きの電子手錠を装着


Odgerel 2020-09-24 02:09

軽犯罪者にGPS付きの電子手錠を装着させる

モンゴルでは、軽犯罪者にGPS付きの電子手錠を装着させ、保護観察を行うことを定めた法改正が行われ、2021年1月1日から発効される。近年の犯罪者の増加に伴い、刑務所の収容能力を超えるのを防ぎ、収監に要する費用を節約するだけでなく、犯罪者を隔離せずに社会への適応を促して、再犯を防ぐ目的もある。いわゆる自宅監禁とは異なり、自宅と職場間の往復は従来通り行えるが、その他の場所に移動することは禁止される。犯罪者が電子手錠を切断したり、強引に外そうとした場合、収監される。ニャムバータル法務内務大臣は「2015年に刑事法が改正され、2017年1月1日から有効となりました。この法律の197項目に移動権が制限される刑罰について制定されている。3種類ある。1つ、手首または足首に電子手錠を装着させられた犯罪者は住居からの移動が制限される。2つ目は、特定の場所しか移動できない。3つ目は特定の人物にしか面談できないように定められている。この項目は機器や技術の条件が整ってなかったので、延長されていました。」と述べた。この法律が実行されることで、軽犯罪者が仕事をしながら、家族と一緒に暮らすことができる。交通事故、家庭内暴力、贈収賄、汚職、傷害罪を犯した犯罪者が対象となる。2021年に1080人がこの移動権が制限される刑罰を受けるとのこと。犯罪者を収監する費用が60%節約されると計算されている。

再生回数: 55

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна