フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 26,27-02-2021
japanese

最新ニュース

ヒャルガス湖周辺の柳が自然復活している


Odgerel 2021-02-18 08:02

ヒャルガス湖周辺の柳が自然復活している

エコロジー警察局の報道によると、西部ウブス県ザブハン郡にあるヒャラガス湖国立公園の特別地域アイラグ湖の周辺に柳が自然復活し、地域は3年で34ヘクタールとなったとのこと。これにより、アイラグ湖に巣を作り、産卵するペリカンが増えている。また、ヒャルガス湖国立公園の南部であるザブハン、ナランブラグ、ウルギーの3郡でサイガ、ガゼルが戻って生息している。これは同環境は安全になったことに関します。柳はどこでも植えることが容易な植物で、砂漠化の危機に瀕しているモンゴルに最も必要な植物だ。また、乾燥した河川流域における水資源増加にも有意義で、都、村、砂漠地域の緑化及び土壌回復に適した成長が早い木である。柳類は世界中で300 ~400種以上あり、モンゴルでは40種以上に及ぶとのこと。その中で多くあるのはセイヨウテリハヤナギで、高さ16メートルまで成長する。

再生回数: 39

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна