フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 23,24-02-2024
япон

最新ニュース

国家ジェンダー平等評議会の定例会議が開催された


Odgerel 2023-03-16 09:03

国家ジェンダー平等評議会の定例会議が開催された

日、国家ジェンダー平等評議会の定例会議が開催され、オユンエルデネ首相兼同評議会議長が参加し、2022年に講じたジェンダー不平等削減向けの政策と2023年度の政策について紹介した同評議会でエンフバヤル秘書兼事務所長が「2022年度の活動の目標達成率は98%であり、2023年度の事業計画の枠で65の活動を実施する」と述べ、エンフボルド保健副大臣は「政府が2022年5月1日から実施した『早期発見診断』の予備結果で男性の罹患率が高い」とのこと、ソロンゴ法務・内務副大臣は政府の全レベルにおいての汚職削減と女性の影響についてそれぞれ指摘し、発表を行った。首相は「過去10ヶ月間、86万人が早期発見診断を受けた。45%が男性、55%が女性。男性に癌、肝臓、胆嚢、胃に係る病気は多かったことから、男性の健康や健康教育に注意を払う必要がある」と主張しました。公共部門や民間部門におけるジェンダーに配慮した政策を実施したことを受け、世界経済フォーラムが発表した「ジェンダー格差指数」で153ヶ国中69位にランクされ、1年以内に順位を上げた。「今後もジェンダー不平等を是正するために実施すべきことが多数ある」と首相が踏まえ、「全人口の51%が女性、男性の平均給料は女性より20%高い、大学生の40%が男性、不登校生の72%が男性。一人親家庭の13%が男性、86%が女性、モンゴル人男性の平均寿命は女性より10年間短いため、男女問わず平等の社会を構築する政策を実施する必要がある」と強調した。首相は「意思決定のレベルで女性の影響が増加され、女性のリーダーシップを支援するガバナンス強化」の一環で2022年に3人の女性の大臣、3人の女性の事務総長を行政組織に選考した。また、史上初、県長に女性を任命しました。今後、ジェンダーに対する思考を変えるべき時期になったと語った。オユンエルデネ首相兼国家ジェンダー平等評議会議長が「早期発見診断」に男性を積極的に参加させ、情報データに基づき男性の健康を支援する効果的な施策を実施する、政府は2023年を「汚職対策の年」と定め、公共サービスと国家業務における官僚主義の削減、国民及び民間部門の法的権利を保護し、女性の政治参加、政府高官に任命する等の具体的な施策を促進する、国家ジェンダー平等評議会は2023年を「女性の政治参加を促進する年」とし、政府、非政府、各専門家団体、国際機関、メディア及び民間組織の参加を支援し、汚職に対する不寛容な思考を広める女性リーダーシップを強化するよう義務付けた。

再生回数: 226

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна