フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 23,24-02-2024
япон

最新ニュース

前年同期比7.6%の経済成長が予測された


Odgerel 2023-05-25 02:05

前年同期比7.6%の経済成長が予測された

モンゴル銀行のガンオチル主任エコノミストは国内金融業の現状について2023年第1四半期時点の経済成長が前年同期比7.6%の成長が予測されたと述べた。税関総局統計によると、同期の石炭輸出における収入は94%増加している。年初3ヶ月の輸出総額は37億米ドルに上った。銅精鉱と銀メッキのない金を除く原材料の輸出は91%も増加した。今年は鉱業部門に回復が見られ、輸出量増加に伴い売上高が改善された。運輸部門は、鉱業部門に伴い成長しているとのこと。マクロ指標でみると、貿易収入は18億米ドルの黒字となった。貿易収入の黒字は外貨準備高の増加を伴うはずだが、国際収入が1億8900万米ドル増加に留まり、差額の11億米ドルでサービス部門の損失を補償している。観光と教育部門は赤字であり、支出は依然として高い。石炭取引において輸出はされているが、それ相当の外貨流入がない問題がある。輸出量や市場価格に対する外貨流入が見られず、外貨準備高の減少、為替相場の上昇リスクに影響した。今年は景気回復が続くと予想されている。国際機関は、2023年のモンゴルの経済成長率を5%だと予測し、平均的に成長は維持されると期待されている。モンゴルは、年初3ヶ月で1410万トンの石炭を輸出した。このまま続けば、石炭輸出は年末に4000万トンを超えるだろう。現在、外貨準備高は38億米ドルで、5月から外債償還用に約4億米ドルを支出しても、外貨準備高は大幅に落ち込むことはなく、輸出収入で補われた。年初に債券返済向けに6億5000万米ドルを調達した。直接投資においては、オユトルゴイ事業に伴うものが大きい。毎月1億~1億2000万米ドル、年間10億米ドル以上の投資が入る。さらに、金融部門で欧州復興開発銀行および国際金融公社から3億~4億米ドルのグリーン融資を獲得し、外貨流入が順調に進んでいる。近い内、アジアインフラ投資銀行から1億米ドルの資金調達が見込まれている。景気回復により銀行の融資は10~15%増加する見込み。国際通貨基金によると、2023年は世界的にインフレが持続される。国内のインフレ率は、3月に12%に達したものの、4月には11%に減少した。インフレが続く理由の一つは輸入品の価格上昇だ。パンデミックとウクライナ侵攻による大波は終息傾向にあるが、インフレとデフォルトの2大リスクを防ぐ政策の実行は継続すべきとのこと。

再生回数: 227

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна