フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 2019-01-16
japan

最新ニュース

グルバンサイハン山にメスとオスの鹿が8年間ぐらい生息している


Odgerel 2019-01-15 05:01

グルバンサイハン山にメスとオスの鹿が8年間ぐらい生息している

南部ウムヌゴビ県のグルバンサイハン山にメスとオスの鹿が8年間ぐらい生息していると地元の人々が話している。この地域に鹿を住み慣らし始めたのは2016年からだという。最初は10頭の鹿を住み慣らしましたが、その後は頭数がどのぐらいなったのか自然環境・観光省に聞いてみた。自然環境・観光省の専門家ジャミヤンフーさんは「ウムヌゴビ県に住み慣らした鹿はモンゴルの希少な動物のリストに載っているのだ。自然環境・観光省は希少な動物を移動させる、住み慣らす許可を与える。2017年にはウムヌゴビ県、ブルガン郡、グルバン・サイハン山にオスの鹿4頭、メスの鹿6頭合計10頭の鹿を住み慣らした。しかし、現時点では頭数が増えていないのは事実だ。現在は担当者をつけ、管理させている。」と話してくれた。また、今年は希少な動物を住み慣らすことにつきまして、化学アカデミーの生物学研究所と協力し、幅広い活動を行う予定である。

再生回数: 20

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна