フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 16-09-2019
japan

最新ニュース

モンゴルでアシナ・ハーンの王朝時代の印章とライオンの像が見つかった


Odgerel 2019-08-14 03:08

モンゴルでアシナ・ハーンの王朝時代の印章とライオンの像が見つかった

国際トルコ・アカデミー・TWESCOがモンゴルで行った考古学的発掘で、アシナ・ハーンの王朝時代の印章とライオンの像が見つかった。TWESCOのダルハン・クドゥラリ長官は、2014年以降、モンゴルで発掘調査を行っており、その一環としてシヴート・ウラン地域で多くの考古学的出土品が見つかったと述べた。重要な出土品はビルゲ・ハーンとキュルテギンの慰霊碑にほど近いノムゴン地域で見つかった。クドゥラリ長官は、「今年の最初の活動でそこからいずれかの君主のものと推測される出土品が見つかった。多くの石人、そして石人の中のアシナ・ハーンの王朝時代の印章、ライオン像、その2頭の子どもの像がある。」と語った。これらの像は今日まで見つかったものの中でも珍しいもので、像の保存状態は良好だった。ここで多くの陶器や破片も見つかった。それからわかるのは、より昔からそこがハーンの慰霊碑だったということ。慰霊碑が時とともに倒壊し、石も崩壊した。この慰霊碑の年齢、時代、所有者について調査するとのこと。クドゥラリ長官は、この慰霊碑は広範囲の地域を含んでおり、そこからさらに多くの出土品が見つかるだろうと指摘し、「発掘は続く。まだ15の慰霊碑と多くの石人の跡がある。」と語った。発掘はヘルレン地域でも続いており、そこで突厥時代のトルコ族の聖地から作られたと立証されている多くの出土品が見つかった。

再生回数: 79

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна