フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 14-08-2022
japanese

最新ニュース

「現代モンゴル:過去100 年における歴史的偉業」作文コンクールが開催された


Odgerel 2022-01-13 04:01

「現代モンゴル:過去100 年における歴史的偉業」作文コンクールが開催された。

モンツァメ通信社の日本語版「モンゴル通信」週刊紙は、在モンゴル日本国大使館の後援の下、「モンゴル人民革命100周年、国営モンツァメ通信社創立100周年」記念に当たり、モンゴルにおける日本語を学ぶ高校生を対象に「現代モンゴル:過去100 年における歴史的偉業」をテーマの作文コンクールが昨年11月に発表し、12月に、優勝者への表彰式が開催された。表彰式の冒頭でバトボルド副社長が「弊社は外国語版の週刊紙主催の作文コンクールを開催してから5年目となり、今年はモンツァメ通信社の創立100周年の一環で発表した。 テーマもモンゴル人民革命 100周年に結び付けた。審査員を務めた日本語と中国語の教師、協力して下さった各国大使館と国際機関、モンゴル国立大学、参加された全ての学生さんに感謝する」と挨拶した。次に審査員を務めたモンゴル日本人材開発センターの三本智哉先生が挨拶に立ち「『現代モンゴル:過去100 年における歴史的偉業』という骨太のテーマですが、どの応募作品も読み応えのある素晴らしい作文だった。 学生たちは日本語だけではなく、母国の歴史も学べたと思う。これからの未来の 100年での活躍によって益々発展していくよう願う」と述べた。作文コンクールの一位に「Darkhan ・Empathy」 学校11年生のデルゲルマーさんが輝き、JENESYS日本研修への参加権と50万トゥグルグの賞金が贈られた。デルゲルマーさんは「一位と聞いた途端、涙があふれそうになった。本当にうれしい。 心から感謝でいっぱい。日本へ行くのが夢だったので、それが叶った。兵庫県の姫路へ行ってお城を見たい。優勝を機に、もっと頑張って当地の大学留学を目指す」と喜びの感想を語ってくれた。 2位に「New Generation」学校11年生の伊藤バトナイドバル堅君が入り、30万トゥグルグの賞金が贈られた。3位に「Nomt  Naran」学校 12年生のツォグオチラル君が入賞し、20万トゥグルグが授与された。授賞式の最後に1位のデルゲルマーさんが優勝作文を音読し、来場者の大きな拍手に包まれた。

 

再生回数: 174

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна