フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 23-06-2024
япон

最新ニュース

アジア太平洋地域の文書遺産に「エルデフ・オチル」切手集と「ハルハ7ホシュ―、4アイマグの領主の家系図」が登録された


Odgerel 2024-05-15 03:05

アジア太平洋地域の文書遺産に「エルデフ・オチル」切手集と「ハルハ7ホシュ―、4アイマグの領主の家系図」が登録された

 8日、モンゴルは、アジア太平洋地域の文書遺産に「エルデフ・オチル」モンゴル初の切手集と「ハルハ7ホシュ―、4アイマグの領主の家系図」がそれぞれ登録された。

 7日から8日にかけて、ウランバートル市でユネスコのアジア太平洋地域委員会の第10回総会が開催された。総会の際、加盟国からドキュメンタリー遺産に推薦された21件の遺産を登録するか否かが議論された。

 モンゴルから推薦した「エルデフ・オチル」切手集と文書遺産「ハルハ7ホシュ―、4アイマグの領主の家系図」が登録され、太平洋地域のドキュメンタリー遺産に全5件の文書遺産が登録された。

 現在、チンギス・ハーン国立博物館で「チンギス・ハーン時代より始まるハルハ7ホシュ―、4アイマグの領主の家系図」が展示されている。同家系図に、チンギス・ハーンをはじめ、皇族の30世代にわたる980人の名前が書かれており、モンゴルの約700年にわたる歴史が含まれている。

 1924年7月1日に「エルデフ・オチル」というモンゴル初の切手が発売された。「エルデフ・オチル」または「ナツァグドルジ」とは、十字のように描かれた2つの「金剛杵」のことで、切り離せないほどの強さと無敵の象徴を表している。計7枚の切手からなる。

 

再生回数: 470

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна