フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 16-06-2019
japan

最新ニュース

コッペリア・バレーが上演された


Odgerel 2019-01-15 05:01

コッペリア・バレーが上演された

国立オペラバレー劇場では12日にフランスの作曲家レオ・ドリーブのコッペリアまたの名はエナメルの目を持つ乙女というバレーが上演された。今年はモンゴルでコッペリア・バレーが初上演された53周年でもある。1966年に初上演されたコッペリア・バレーの振り付けを国家賞受賞者のジャミヤンダグバさんが担当し、指揮者は文化賞受賞者のトーライフーが務めた。コッペリア・バレーは人間の内面を表す音楽とバレーが調和しているのが特徴である。子供も楽しむことができるこのバレーでは主人公のバレーダンサーの高い技能が問われると言われている。今年も指揮者をトーライフーさんが務め、若手バレーダンサーたちが踊った。国立オペラ・バレー劇場は2019年にクラシック舞台作品を2本上演する予定である。また、26日にエンドレスと名付けられたタンゴ・バレーが上演される。内容は大都市の街中が舞台となっており、ガルトという男性とスンデルという女性が互いに人目ぼれをすることからバレーの物語が始まえう。この2人の恋の行方はタンゴとバレーのコラボで表現されるとのこと。

再生回数: 103

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна