フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 21-07-2019
japan

最新ニュース

国際通貨基金理事会でモンゴル代表のNaijel Pei社長がモンゴル銀行のバヤルサイハン頭取と会談をした


Odgerel 2019-07-03 03:07

国際通貨基金理事会でモンゴル代表のNaijel Pei社長がモンゴル銀行のバヤルサイハン頭取と会談をした

国際通貨基金理事会でモンゴル代表のNaijel Pei社長がモンゴル銀行のバヤルサイハン頭取と会談をした。バヤルサイハン頭取はモンゴルは1991年に国際通貨基金に加盟して以来、6回目のプログラムを実施したことを述べ、経済、社会の発展に国際通貨基金が行った支援、援助が大きいことを強調した。また、拡大信用供与措置の効果が出て、成功裏に実行していることを述べ、プログラムの実施に技術的原因の少しの支障があったが、成功裏に解決され今後通常に継続されることになったと述べた。Naijel Pei社長は拡大信用供与措置で銀行分野の事業がよくなり、規律ある予算、金融政策が現在至っている結果を承認する際に重要になることを強調し、今後も支援していくことを表明した。国際通貨基金の“拡大信用供与措置”の第6段階の融資が延期されていることに関連して、国会予算常任委員会のチョイジルスレン委員長が立場を表明した。チョイジルスレン委員長は「国際通貨基金の第6段階融資が入って来なければ、モンゴル経済の指標が下がる。しかし、2019、2020年に支払う負債がないため、これは国民生活にそれほど影響を与えない。」と述べた。現在、政府は融資を受けるために国際通貨基金と段階的に協議している。モンゴルは国際通貨基金のプログラムを成功裏に終了させなければ、国際金融市場から孤立するリスクがある。

再生回数: 89

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна