フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 21-10-2019
japan

最新ニュース

愛知県の三味線グループが各地で公演を行った


Odgerel 2019-10-08 02:10

愛知県の三味線グループが各地で公演を行った

5日から10日までモンゴルを訪れた愛知県の三味線グループが、各地で公演を行った。訪問の大きな目的は、日本から寄付した金管楽器の贈呈式だった。昨年から、名古屋市民、長久手(ながくて)市民、モンゴル在住市民らの協力で金管楽器を贈る活動が始まっており、合計5個の楽器が軍事音楽学校に寄付されている。一行は4歳から81歳で、オカリナ、尺八を奏で、マジックも披露し、草原や学校など各地で3回の演奏公演を行いました。どこへ行っても初めて見る着物姿の日本人に興味が持たれ、6日に訪れたトゥブ県の学校では、初めての三味線の響きに生徒や教職員は大喜びだったという。三味線グループからは学校周辺の照明改善のために1万円が寄付された。次に防衛大学附属軍事音楽学校でミニコンサートを開催した。8日にはウブルハンガイ県のブルド郡で、遊牧民一家による“草原演奏会”が開かれ、40人が集まり、三味線の音色に聴き入っていた。演奏後には、プレゼントした浴衣(ゆかた)を来て日本人と遊牧民が一緒に踊ったり歌ったりして交流を深めた。主催者は、「不便な地で頑張っている地方市民たちに日本の文化を届けたいと思って、昨年に引き続き今年も来た。モンゴルには他の国にはない大自然が広がっており、後ろ髪を引かれる思いで帰国した。今後も市民間の交流を深める活動に取り組んで生きたい。」と語っていた。

再生回数: 54

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна