フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 10-08-2020
japan

最新ニュース

ミヤット航空会社の飛行機代は安い


Odgerel 2020-07-30 04:07

ミヤット航空会社の飛行機代は安い

ミアット・モンゴル航空会社は2020年に1200便の運航を計画しているが、6月までには530便を運航している。その250便は南部ウムヌゴビ県方面、20便はチャーター便、70便は貨物便だ。ソール方面のチャーター便は4月に3000米ドル、5月に35000米ドルの損失を受けている。東京方面のチャーター便は3月に21000米ドル、4月に26000米ドルの損失を受けている。この損失の主な原因は計画されていた運航数は54%減少し、一フライト当たりの支出が増加し、事業費用で損失を受けているとミヤットモンゴル航空会社のバトトゥル社長が報告した。ソール方面の運航便は1月に68000米ドル、3月には10万5000米ドル、5月には14万2000ドルの支出がそれぞれ出ているのが、108%つまり倍増したということになる。以前は支出額の全額を1年間の各運航便に割っていたが、現在、運航便が減少し、一フライト当たりの支出が増加したからだ。また、外国の航空会社の運航便の数も減少する、休日の運航費は倍増する、普段モンゴルからフライトが無い外国での事業費用が一回限りの契約によって調整されるので、高くなることも影響している。値段的には例えば:ウラーンバートル・ソール方面の飛行機代は432米ドルだそうだ。春のセール中にチケットを買った乗客はチャーター便の差額を支払い、搭乗する。格安チケットは保管しておいて、後で使用することも可能だそうだ。ハンガリー、チェコ、マレーシア、ポーランド、トルコ、韓国から直行便の運航を再開する依頼もあったとのこと。ミヤット航空会社の飛行機代は外国の航空会社と比べると安いと外務省の関係者が断言している。今、世界の51カ国から12230人が帰国したいと願い出ている。

再生回数: 50

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна