フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 23-09-2020
japanese

最新ニュース

外務省は4つの方針を重視


Odgerel 2020-08-11 06:08

外務省は4つの方針を特に重視している

外務省は輸出を増やし、貿易を支援する方針で4つの方針を特に重視している。1つ、中国、ロシアと貿易を強化し、輸出額を増やす。北京、モスクワにある貿易駐在所を強化し、ロシアのウラジオストク市に貿易駐在所を開設することを近いうちに実施する。2つ、アメリカ、日本、欧州連合及び第3国、貿易パートナー諸国と経済、貿易、投資の協力を発展させる規則を相互調整し、合法的基礎を整える。また、インド、韓国と貿易関係を拡大させる。3つ、「モンゴル輸出」案件は実施2年目だ。案件の主要目的は、輸出の合法的環境を整備し、類別し、国際基準に合った品物、サービスを開発することです。これを実施するために企業、ビジネス分野、民間セクターと協力する。外務省、モンゴル商工会議所と共同でプログラムを実施する計画を作成した。4つ、2019年に承認したアジア太平洋貿易協定に参加し、実施事業を2021年に開始する。これは中国、韓国、インド、バングラディッシュ、スリランカなどの諸国の自由貿易協定で、この地域に26億人の消費者市場がある。これらの諸国と1万種類あまりの品物を100%関税免除することができる。外務省のオユ貿易・経済協力局長は「経済全体を回復させ、支払い能力を改善するために対外貿易、特に輸出に意義がある。外務大臣が特別な輸出指向の生産を支援し、雇用を作り、協力する提案をパートナー諸国、国際機関にしました。」と話している。

再生回数: 89

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна