フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 22-10-2020
japanese

最新ニュース

ベトナムの経験から学ぶ


Odgerel 2020-09-23 06:09

ベトナムの経験から学ぶ

22日、サランゲレル自然環境観光大臣がドアン・テヒ・ヒウンギ在モンゴル ベトナム国特命全権大使と会談をした。会談の際、両国の協力、その中、自然環境観光分野で相互に有益な協力をすることについて意見を交換した。ベトナムの観光分野はここ5年間で急速に発展し、世界基準に達したのだ。2015年に観光分野で改革を行い、去年史上初めて1800万人の外国の観光客を受け入れた。その結果、ベトナムは経済的に280億米ドルを観光分野から収益させたとのこと。ドアン・テヒ・ヒウンギ在モンゴル ベトナム国特命全権大使は「我々ベトナム人はモンゴル国を素晴らしい自然、友好的な国民、誇らしい歴史と文化で知っている。両国の協力は長年続き、相互に旅行する国民の数が増加しつつある。観光分野が発展したら、経済、社会、文化など多方面での協力の橋になる。我々はこの分野の協力を新しいレベルに引き上げたらたくさんの活動のきっかけになる。一つの問題は両国間の直行便だ。トランジット便は旅行者に金銭及び時間的な負担を与えるため、これを解決したら観光分野の発展が一段進化する」と述べた。この席で、サランゲレル自然環境観光大臣は「両国の国民が相互に旅行するのが増加しているが、モンゴルを訪れる観光客数はベトナムへ行くモンゴル国民の数より2分の1少ない。これに注目を置き、モンゴルを訪れる貴国の国民の数を増加させるのに協力すると信じている。また、ベトナムは欧州連合の国民がビザ無しで入国することと、中国、韓国、日本などの46カ国の国民にオンラインでビザを交付するなど大きな改革を行えた。これらから、モンゴルは経験を学び、観光分野で導入することを目指している。両国の政府間の観光に関する2005年の交渉を改正する、これにいくつかの意見を盛り込む、企業の参加を詳細に決定するなどいくつかの提案を挙げたい。両国間の直行便の課題を道路運輸開発省及び政府会議に紹介し、結果を出すため協力する。」と述べた。両国の政府間に15年前に結ばれた観光契約を更新し、承認する、経験を共有する、協力することに合意した。 

再生回数: 63

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна