フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 22-04-2021
japanese

最新ニュース

モンゴルの「Veins of the World」映画は国際映画祭で入賞


Odgerel 2021-03-24 08:03

モンゴルの「Veins of the World」映画は国際映画祭で入賞した

ビャンバスレン監督による映画「Veins of the World」が3月4日~16日にかけて、ジュネーブで幕を開いたジュネーブ国際映画祭と人権フォーラム (FIFDH)で審査員賞と青年審査員賞を受賞した。この映画祭で一つの映画に二つの賞を受賞した初の例となったと関係者が強調した。ドイツの映画製作会社べシスベルリン、モンゴルテレビ局、ベルリン=ブランデンブルク放送の共作映画である「Veins of the World」は去年2月にべルリン国際映画祭で初演されたのだ。上映以降、観客から高い評価を受けている同映画製作にはドイツ、オーストラリア、アラビア、モンゴルのグループが取り組みんだ。映画の内容は、外国鉱業会社が容赦なく環境を破壊し、11歳のアムラー君の父親が鉱業活動に反対する遊牧民のリーダーである。しかし、父親が亡くなり、アムラー君は父の遺志を継ぎ反対運動を継続する。監督は「環境問題は地方の問題だけでなく、グロバールな問題になってから長い時間が経っている」と強調した。以前、ビャムバスレン監督の映画3本がアカデミーアワードにエントリーした経験がある。フランスの「Les Films du Preau」、スペインの「Surtsey Films」、スカンディナヴィアの「Angel Films」など国際映画製作会社はこの映画の上映権を購入した。

再生回数: 49

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна