フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 27-02-2024
япон

最新ニュース

国内消費財及びサービス価格は8%上昇


Odgerel 2024-01-30 03:01

国内消費財及びサービス価格は8%上昇した

 19日、2023年12月末時点、国内消費財及びサービス価格は、前年同期比8%上昇したと国家統計委員会が報告した。具体的には、ウランバートル市では、物品価格が8.4%、サービス価格が9.4%、食品価格が12.4%、非食品価格が7%上昇した。

 使用頻度の高い商品・サービスの価格リストから、食品価格が最も高く12%上昇した。

 消費財やサービスの価格であるインフレ率は、2022年末には13%であったのに対し、2023年12月には8%となった。

 成長率は前年同期比5%低下した。8%のうち3%は、飲料および飲料水の価格上昇率である。

 また、肉および肉製品の価格は前年同期比16%上昇した。これは牛肉の価格が14%、ヤギと羊肉の価格が16%、馬肉が11%増加したことによるものだ。

 更に、パン、小麦粉、米の価格は14%上昇した。具体的には米は9%、小麦粉は20%、パンとペストリーは14%、パスタの価格は12%増えた。

 首都で販売される牛肉1頭の平均価格は1キロ当たり1万8220トゥグルグ日本円で760円、2022年同期比17%高い。

 2023年12月末時点、1級小麦粉1キロの平均価格は2426トゥグルグ日本円で102円で、2022年末から16%、2023年12月より15トゥグルグ上昇した。

再生回数: 128

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна