フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 27-02-2024
япон

最新ニュース

「2024年柔道グランプリ・ポルトガル」でモンゴルの2人の選手が銅メダルを獲得


Odgerel 2024-02-05 03:02

「2024年柔道グランプリ・ポルトガル」でモンゴルの2人の選手が銅メダルを獲得した

 1月26~28日、国際柔道連盟が主催した「2024年柔道グランプリ・ポルトガル」はオリンピック開催の年に行われたため競争が激しく、出場選手の多い大会となった。90ヶ国624人の選手が対戦し、ロシアが同大会のメダル獲得を先導したが、メダル・チャートでランクインされなかった。

 同大会にモンゴル代表の14人の選手が出場し、2人の選手が銅メダルを獲得した。女子部門48キロ級でナランツェツェグ国際マスターはイスラエルとコロンビアの選手を勝ち、8回戦で「ウランバートル・グランドスラム」、「世界ジュニア柔道選手権大会」で優勝した日本代表の金メダリストである吉岡光選手に負けた。しかし、フォローアップ対戦でセルビアの強力な競争者であるアンドレイ・スタヤディノフ選手、また、北朝鮮のス・ソンジョン選手と銅メダルのための対戦に勝ち、銅メダルを獲得した。

 ゴンチグスレン国際マスターは、-100キロ級の最初の2ラウンドでドイツの選手を勝ち、8回戦でスペインの2回の世界チャンピオンであるニコロス・シェラザディシビリ・サクバレリゼ選手に負けた。次いで、フォローアップ対戦でキプロスのクロウッサニオタキス選手、銅メダルのための対戦で日本のグリーン・カラニ海斗選手を勝ち、グランプリ部門で2個目のメダルを獲得した。

 モンゴル代表チームが出場する次の大会は、「パリ・グランドスラム」。同大会は、来月3日に開幕。

再生回数: 304

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна