フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 2018-12-13
japan

最新ニュース

ウルグアイ東方共和国にビザ無しで訪れる


Odgerel 2018-04-04 04:04

ウルグアイ東方共和国にビザ無しで訪れる

4月1日から3日にAriel Bergaminoウルグアイ 外務副大臣率いる代表団ががモンゴルを訪問した。訪問の際、モンゴルの外務大臣、国防大臣、食料農牧業軽工業大臣らと会談をした。まず、バトツェツェグ モンゴル外務副大臣と会談をし、両国の友好関係、協力を政治、経済、農業、再生可能エネルギー、スポーツ、観光などの分野で発展させる、協力するなどの問題について意見を交換した。会談の際、両国の外務省間に政治相談メカニズムを作る相互理解覚書や両国国民をビザ要求から開放する審議に署名した。その結果、我が国は南アメリカの国々からアルゼンチン、ブラジル、ベネズエラ、コロンビア、キューバ、パラグアイ国と政治相談会議をする常任メカニズムができている。また、モンゴル人はブラジル、キューバ、アルゼンチン、エクアドル、ウルグアイなどの国に30日間にビザ無しで訪れるようになっている。署名式の際、バトツェツェグ外務副大臣が「ウルグアイは我が国と似ている点が多い。地理的には遠く離れているが、モンゴルと同じく人口は300万人だ。農業を経営する国で、我が国はウルグアイからたくさんの経験を習い、協力する可能性がある。」と語った。この席で、Ariel Bergaminoウルグアイ外務副大臣が「モンゴル国は我が国と国交樹立して20年経っている。今後、我々は再生可能エネルギー、投資、観光、スポーツなど多方面で交流を発展するようになった。過去、両国は相互応援して来た。両国は国連平和維持活動に軍隊を派遣する。この枠内で協力可能だ。」と語った。エンフボルド国防大臣がAriel Bergamino外務副大臣と会談をし、平和維持活動に協力する作業の枠内で共同野外演習をする、国防分野のスタッフの技能を高める、「ハーンを探す」国際野外演習にウルグアイを参加させる、相互代表者を交換するなどで協力するようになった。ウルグアイの代表団がバトゾリグ食料農牧業軽工業大臣と会談をするとき、農業面で国立や私立機関の共同代表団をモンゴルへ送ると報告するとともにモンゴルの食料農牧業軽工業大臣をウルグアイを訪問し、当国で開催される国際農業展示会に参加するよう招待した。ウルグアイの外務副大臣のモンゴルでの訪問は両国の友好関係を活発にする、協力を増加するため大切な刺激を与えると両側が同意した。モンゴルとウルグアイは1997年に国交樹立した。

再生回数: 235

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна