フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 2019-02-18
japan

最新ニュース

無形文化遺産の普及に貴重な貢献をした伝承者に金賞を与える決定が出された


Odgerel 2019-01-31 01:01

無形文化遺産の普及に貴重な貢献をした伝承者に金賞を与える決定が出された

モンゴル政府は2018年に無形文化遺産の普及に貴重な貢献をした伝承者に金賞を与える決定を出した。その決定通り、21県の県庁、ウラーンバートル市役所の推薦により、全国の無形文化遺産の伝承者に関する書類を受理し、書類選考が行われた結果、ウブルハンガイ県ウルジート郡在住のドラムさんが選ばれました。30日、フレルスフ首相はドラムさんに3000万トゥグルグ日本円で125万円相当の金賞を手渡した。フレルスフ首相は「モンゴルは2003年に無形文化遺産の保護に関する条約に加盟した。長唄は2009年に大至急保護すべき無形文化遺産に登録された。この素晴らしい文化遺産を伝承し、国民に尊敬されているドラムさんはこれからも長生きをし、長唄を伝承していってください。」と挨拶した。ドラムさんは「最近の若者は長唄に興味を持たなくなってきているが、政府が文化遺産をこのように保護しているのを見れば、長唄に興味を持つようになるでしょう。これからも、長唄をできるだけたくさんの若者に伝承していく。」と感謝の言葉を述べた。ドラムさんは1932年にウブルハンガイ県、ウルジート郡に生まれ、お母さんに長唄を教われ、幼少時代から歌ってきた。ドゥムンという長唄を一番高い声で歌うことが出来るので、ドゥムン・ドラムと呼ばれるようになったという。ドラムさんは様々な文化祭で優勝し、労働賞や文化賞を受賞したこともある。

 

 

再生回数: 52

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна