フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 2019-05-20
japan

最新ニュース

「読書を応援しよう」というキャンペーンが開始された


Odgerel 2019-02-18 04:02

「読書を応援しよう」というキャンペーンが開始された

トゥブ県の教育文化芸術担当所と図書館が共同で2月18日から3月18日までの一ヶ月間に「読書を応援しよう」キャンペーンを県内に主催するようになった。教育文化科学スポーツ省は2018年10月に読書を応援する規則を出したのだ。規則の目的は機関、スタッフ、家族の本を読む興味をあげるためだ。この規則の実施を満たすため、教育文化芸術担当所、図書館が共同で県内で守る「読書を応援しよう」キャンペーンの枠内で指令を精製し、15日、県知事で確認してもらった。本をめぐった活動は今後一年間続くが、初キャンペーンを一般学校の教師と中高校生対象に行うように計画している。同キャンペーンの枠内で同級生たちがクラスで本を読んだり、読んだ本の記録を書いたりするように習わせるとのこと。指令の目的は児童に読んだ本を記録し、感想を書かせること、教師や児童が読む本のリストを出すこと、各郡が学校図書館の本の数を国家予算や寄付で増加すること、各家庭が図書館を持つようになることだ。また、学校所属の文学部活の活動を強化にする、生徒たちに新しいものを習いたがる、探る習慣を身に付ける面で同活動を行っているのだ。これ以外、歴史、文化伝統を尊敬し、愛国主義を身に付ける、民族誇りを回復する面で詩を覚えさせるようにアドバイスをしている。キャンペーンの枠内で、読書し、どんな結果が出たかについて結論を出し、奨励すると図書館長ニャム・オドさんが報じた。

再生回数: 55

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна