フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 16-09-2019
japan

最新ニュース

交通渋滞の緩和策としてウランバートルを3つの区域に分ける


Odgerel 2019-08-14 03:08

交通渋滞の緩和策としてウランバートルを3つの区域に分ける

交通渋滞の緩和策としてウランバートルを3つの区域に分けると、ウランバートル道路交通計画調整エンジニアリング局が発表した。ウランバートル市には53万台の自動車が登録され、そのうち約42万台が日常的に走行しています。毎月5000台から8000台の自動車が新規登録されている。これにより、ウランバートルの交通渋滞が深刻化し、首都の一部では車が完全に停止する状況になっている。徹底的な対策を講じないと、困難な状況が生じるので、ナンバー規制、バス専用車線の設置などの対策を取っている。しかし、現在、交通渋滞削減に至っていません。今後、都心集中の緩和に向けて各行政機関や大学を首都から移転させることは長期の課題で、それまでに短期と中期の計画事業を実施することになった。例えば、首都の道路を三区域に分けました。内環状道路をA区域、外環状道路をB 区域、この2つの区域以外の部分はC区域とした。さらに、住宅街の道路も含めて一方向車線にする調整を行っている。この調整は8月25日から実施される。A区域とB区域では通行量を50%削減するために奇数と偶数によるナンバー規制が続く。区域の規制は勤務時間帯に設定され、区域内に住む市民には支障は出ないという。また、納税済み、罰金なし、車検合格といった一定の条件を満たした自動車のみが走行できる。交通渋滞は2割から3割ぐらい緩和できると見込んでいる。

再生回数: 66

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна