フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 09-12-2019
japan

最新ニュース

モンゴルの国旗を掲げた358の船が海運をしている


Guatsetseg 2019-11-19 11:11

モンゴルの国旗を掲げた358の船が海運をしている

   モンゴルは「内陸国は国旗を使用させる権利を認める」と題した1921年のバルセロナ宣言や、1965年の「内陸国の通過輸送」に関する国際宣言に1976年に加盟した。宣言に加盟した結果、海の資源を使用する、国際海運活動を開始する基礎が置かれた。国際海運機関にモンゴルが加盟したので、モンゴルの国旗を使用させる、通る国の港の安全性を満たすなどの詳しい問題を解決している。内陸のモンゴルは2003年から国旗を使用し、海運する船を登録するようになった。モンゴル船の登録申請をモンゴルとシンガポールの合弁会社が受け取る。シンガポールで活躍する「モンゴルの船舶登録」合弁会社に2003年から2018年の間、3500くらいの船を登録した内、358は活発に活躍しているとのこと。その内、現在、30カ国の所有する300くらいの船舶が我が国の登録を選択し、モンゴルの国旗を掲げ、海を旅している。海軍ではなく、ただ貿易する船を登録するのだ。同社は船の以前の登録に関する情報、質、区別、チームや必要な他の情報について研究し、6ヶ月間の証明書を与える。再び、申請した場合、1年間の期間で延長するのだ。モンゴル海問題担当所の報告によると、活発に活躍している船のほとんどつまり107はシンガポールにあるとのこと。また、マレーシアに58、香港に31、パナマに24、日本に13の船などで世界のたくさんの国にモンゴルの国旗を掲げた船が海運をしている。モンゴルの国旗を掲げた船舶の利益から得た収入でモンゴル国海問題担当所やシンガポールにある「モンゴル船の登録」会社の活動費を資金する。また、大蔵大臣の確認した計画通り、国家予算に収入を集中する。この収入から国際水路機関加盟国の税金を払う。現在、海問題担当所は次の活動をしている。海運、港使用、国内の船舶や船登録、監督、法律環境を改善する、人材育成をする活動をしている。また、モンゴルの国旗を掲げた船舶の利益から得た収入で船員を留学させ育てる準備をしている。船舶を持つようになったら、国内需要の製品を海運で輸入する機会があるのだ。

再生回数: 133