フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 22-04-2021
japanese

最新ニュース

サロールさんは東京2020オリンピックで審判員を


Odgerel 2021-03-10 05:03

サロールさんは東京2020オリンピックで審判員を務める

世界アーチェリー連盟は、「東京・2020」五輪大会の審判を務める優秀な審判員14名を選抜し、その一人としてモンゴル人女性エンフバト・サロールが国際審判員に選ばれた。これにより、サロールさんはモンゴルアーチェリースポーツ史上における初のオリンピックの女性審判員となっている。東京2020オリンピックのアーチェリー競技は7月23日から31日に東京の夢の島公園アーチェリー場で開催される。モンゴルのアーチェリー選手の中で、オトゴンボルドさんがオリンピック出場権を得ている。オリンピックアーチェリー競技は、1900年パリオリンピックで初めて実施された。我が国のアーチェリー選手たちは現在まで8回のオリンピックに参加している。今年、35歳のサロールさんは法律家で、フランス語の通訳の専門を持つ人で、2007年からアーチェリースポーツをやり始め、2009年から審判を務めているのだ。彼女のお父さんのエンフバトさんはスケート選手、お母さんのツェツェゲーさんはアーチェリー選手だったという。サロールさんは2013年、2019年のアジア選手権、2015年、2021年の世界ユース選手権、2016年のワールドカップ、2016年の世界学生選手権、2019年のユニバーシアード、2018年の第3回若者オリンピック大会にそれぞれ審判員を務めた経緯がある。

再生回数: 84

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна