フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 01-12-2021
japanese

最新ニュース

ウランバートルの法的地位に関する法律は、2022年1月1日から実施される


Odgerel 2021-11-23 05:11

ウランバートルの法的地位に関する法律は、2022年1月1日から実施される

27年後に初めて改正された首都ウランバートルの法的地位に関する法律は、2022年1月1日から実施される。首都ウランバートルの歴史を振り返ると、飛躍的に発展したのは1965年から1985年だった。しかし、1990年代以降、社会システムが変更してからウランバートルの発展に影響を与えるような大きな政策はこれまでなかったのだ。1990年当時、首都人口は50万人ぐらいだったが、現在は160万人以上の人々が居住している。ウランバートルが衛星都市を持つという新たな方針は「ビジョン2050」国家長期開発計画及び首都ウランバートルの法的地位に関する法律に反映されている。衛星都市は、一極集中を緩和し、分散するための方策でもある。同法律では、衛星都市は経済自由区域であり、経済的自由区域は特別な規定により調整されると規定されている。ウランバートルの衛星都市には国際空港や航空路、ボグドハーン鉄道、国際高速道路、ジャンクションなどの主要な道路および輸送・ロジスティクスセンターが発展する機会が築かれる。スミヤバザル・ウランバートル市長は「ウラーンバートルをメトロポリタン都市として発展させたいのだ。まず、一極集中の緩和のために学区関連に投資する。例えば、バヤンズルフ区の第25番、第26番ホロ―に2万5000人~3万1000人が住んでいますが、学校や幼稚園・保育所はない。そのため、学校、幼稚園・保育所、地下駐車場、公園などの緑の施設の建設を政策的に支援していく。世界銀行、国際金融公社、アジア開発銀行、欧州復興開発銀行およびその他の国の開発銀行は、首都のプロジェクトへの関心を示し始めている。例えば、次世代型路面電車システムやライトレールの分野、公共交通機関や電車、さらには電気自転車や電気タクシーの導入への投資に興味を示している大企業もある。つい最近チェコ大使はロジスティクスへの投資の関心を示した。日本は衛星都市の分野での協力を表明している」と述べた。

再生回数: 38

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна